3Dアートメイクをした感想

学生時代に眉毛を抜き過ぎてからコンプレックスに

学生時代に眉毛を抜き過ぎてからコンプレックスに | カウンセリングでは従来の2Dとの違いも教えてもらうことができた | 異性に対しても積極的になれたのでアートメイクには感謝しています

学生時代に眉毛を抜き過ぎてから、薄くなってしまいそのことがコンプレックスになっていました。
メイクをしている時には誤魔化すことができていましたが、温泉や銭湯はもちろん、プールや海などメイクが落ちてしまうところにはなかなか行けなかったし、当然すっぴんにも全く自信を持つことができずどうしたら解決するのかなと思っていた時に気になったのが、アートメイクです。
眉墨は聞いたことがありましたが、以前はクリニック以外でもできたということもあり、エステサロンで行なっていた人を見たことがありましたが、かなりのっぺりとした感じで明らかに書いてるとわかる不自然さが気になっていたので、自分はやらないでおこうと思っていました。
でも最近ではクリニックでしか行うことができないということも知り、アートメイクの中でも3Dタイプはかなり自然だということを目にしたので、かなり興味はわいたし調べてみることに決めました。
メイクをしている時に合わせた仕上がりでは、すっぴんになった時に眉毛だけ浮いてしまって薄いよりもさらに変になるのではないかと不安もありましたが、3Dなら本当に自然でナチュラルな仕上がりになるとい知り、これはチャレンジする価値はありそうだと思えたので良かったです。
近場で施術を行っているクリニックを調べてみると、思っていたよりも数も多かったので驚きましたが珍しいことではないんだと思うと気持ちも楽になりました。
カウンセリングを受けてみないことには始まらないと思ったので、カウンセリングの予約をしていざ足を運ぶ時にはドキドキしましたが、丁寧に対応してもらうことができたし、問診票に記入して個室でカウンセリングを行ってもらえたので他人の目も気にならなくて良かったです。

韓国の3D立体眉アートメイクがすんごく自然で綺麗!!!

これもやっちゃおうかな pic.twitter.com/et1sdybRAr

— ツナちゃん╰̊╯̊✩ (@wykzxvl) November 14, 2016